研修テーマ 車載製品の設計品質不具合事例に学ぶ液漏れ・異物混入防止のシール設計(演習付)
講師の所属・役職・名前 (株)ワールドテック講師 岡本邦夫
研修の狙い 自動車製品を始めとして、多くの機械製品には流体(潤滑油やガス等)の漏れや外部からの異物の侵入防止のため、様々なシール部品が用いられている。 シール部品には密閉性や長寿命、および運動用シールには省エネのため低摩擦特性、が求められている。 従って、シールの目的にあったタイプのシール部品の選定や、使用環境に適した材質の 選定等が必要で、その選定が不適切であると、流体漏れや、異物の混入など重大な不具合を引き起こしてしまいます。 今回の研修の狙いは、代表的なシール部品の基礎知識とシール材料の特徴を学ぶと共に、演習およびグループ討議を通して、職場で役立つ実践力を習得していただくことです。
研修目次 1.シールの基礎
 ・シールとは
 ・分類
 ・用途例
2.運動用シールと固定用シールの違い
 ・運動用シール
 ・固定用シール
 ・運動用と固定用シールの違い
3.各種シールの密封原理と用途・取扱い
 ・運動用・・・オイルシール、メカニカルシール、グランドパッキング
 ・固定用・・・ガスケット、リップパッキン(Uパッキン、Vパッキン等) スクイズパッキン(Oリング、
  Xリング等)
4. トラブルと対策
 ・オイルシールの漏れ要因と対策
 ・シール部からの漏れ
 ・はめ合い部からの漏れ
5.シール用材料
 ・概要
 ・各種シール材の特徴と用途
6.これからのシール技術
 ・自動車技術とシール技術と課題
 ・将来に向けて
 ・オイルシールの技術動向
7.事例演習と発表